学童保育を兼ねるスクールもある

授業

2020年度からの新学習要領では、小学3年生より外国語活動を、小学5年生より英語の授業を始めることが定められています。以前にも増して英会話スクールの需要は拡大しており、横浜では大人向けよりもキッズ向けのスクールのほうが多く見られます。大手の英会話スクールはもとより、ビジネスチャンスを狙って異業種から参入する企業もあるくらいです。キッズ向けのスクールは、英会話だけでなく、放課後の学童保育を兼ねた施設も見られます。放課後子どもを預かってくれる上に英会話も教えてもらえるとなると、親にとっては魅力的な習い事ですし、送迎バス付きのスクールなら特に安心です。横浜で開かれているキッズ向けのスクールは、遊びやゲーム、イベントなどを通じて英語を学ぶという流れが一般的です。子どもも習い事というよりは、楽しみながら学べる遊び場のような感覚で通えるのが魅力です。友達作りにも一役買ってくれます。

楽しんで学べるかどうか

授業

英会話はインプットよりもアウトプットが重要です。家庭用教材ではインプットがメインで、話し相手がいないため、中々アウトプットすることは難しいです。学校での教育も徐々にアウトプットを重視しようという流れが見えていますが、高い効果を得られる状況にはない様子です。横浜の英会話スクールでは、アウトプットをメインに考えている場合が多いので、いわゆる「生きた英語」を身に付けやすい環境です。また、学校の先生よりも発音が正確な外国人講師が多いため、より外国人に伝わりやすい英語の発音を身に付けられます。ただし、キッズ向けの英会話スクールは、60分以内のレッスンが週に1回という頻度が一般的です。そのため、メキメキ英語が上達するということは期待できないかもしれません。経済的に余裕があるのであれば、週2回以上習わせるか、毎日英語に触れられる学童保育付きのスクールを選ぶのも一案です。スクールによっては、自宅で使えるeラーニング教材などを用意しており、自主学習もできます。このようなスクールは、費用対効果が高いかもしれません。スクール選びのポイントは各家庭によって異なるでしょうが、一番大切なのは「子どもが英語を好きになれるかどうか」ではないでしょうか。嫌々通っても、後に残るのは苦痛の気持ちです。まずは下調べした上で無料体験に連れて行き、楽しんで通えるかどうかを確認すると良いです。子どもの気持ちを最優先にして選んでください。

ぶらり新宿 英会話

新宿で通えるスクール社会人の方も通えるおすすめの英会話教室!

英語力が身につく英会話教室・比較ガイド

入会費を重視するのか?学習システムを重視するのか? 効率的な英会話教室をそれぞれ比較していきましょう。

広告募集中